[日本金融新聞]文字を読み音声で案内 視覚障害者の不安解消

日本テレソフト発売

日本テレソフト(本社、東京)は9月から視覚障害者や高齢者向けに、文字情報を読み取り、音声で知らせる「マルチ音声プレイヤー・らいふ」の販売を開始した。

使い方は簡単。電源を入れモードボタンをセットし機能を選択、後は読み取りボタンを押すだけ。内臓の音声コードスキャナ、バーコードスキャナ、録音や記憶装置が働き、紙幣の金種、商品のバーコードや色を認識し、音声で案内。早く正確に情報を伝えるため視覚障害者の不安解消につながる。テキストデータの読み取りも可能で音楽も楽しめる。

本体は縦63ミリ、横115ミリ、高さ27ミリ、重量170グラムとコンパクトで、気軽に携帯できる。1回の充電で連続8時間使用が可能。

当面、個人向けに販売するが、金融機関はじめコンビニやスーパーへも積極的に働きかける。価格は19万8千円(非課税)。問合せ先03(3264)0800。

pagetop

Copyright (C) 1986-2021 日本テレソフト All rights reserved.