点字と墨字を同時印刷 誰でも点字印刷と読み取りが可能

視覚障害の児童、生徒が義務教育の過程で、盲学校から普通学校で学ぶケースが増えています。日本テレソフトの点字プリンター「DOG-Multi」は、その教育の手助けをする機能を持つとして、活用が広がっています。
すでに、中学校、高校、大学での利用実績も多く、簡単に使えて、点字だけでなく墨字も同時に印刷されるので、点字を使っての教育がやりやすいという評価を得ています。
中学での活用も富山県の大山中学のほか、大阪、福岡など使用実績も多く、大学では視覚障害者の教育を支える貴重な機器として、多数採用されています。

簡単に点字を作成

点字は、6点の凹凸の組み合わせを利用して、文字を表現しますが、その使用ルールを覚えるには、かなりの経験が必要です。また、点字を読むことも一般的にはなかなか難しいものとなっています。
当社のDOG-Multiは、印刷したい文書を、パソコンを使い、専用のハートコミュニケーション2001という点字自動翻訳ソフトによって、点字化、それを点字プリンターで印刷します。一般的には、点字のみの印刷ですが、当社は、点字と墨字を同時に印刷するので、印刷された内容を健常者も理解することができます。
視覚障害者と健常者が同一文書を読むことができ、そのために、先生が生徒への教育を十分に行なうことができます。
これらの作業はほとんど自動化されており、普通の文書を印刷するのと同じ感覚で作業ができます。誰でも点字を作成することが可能です。また、音声ガイドがついているので、視覚障害者の生徒自身が操作することもできます。

英語の授業も

日本語以外に英語など多言語対応しており、英語の自動点訳ソフトを組み込めば、英語の授業もサポートできます。
すでに導入されている中学校などでは、副読本の作成を中心にテストや各種の案内など広範な利用をされています。
視覚障害の生徒、児童の受け入れに必要な機器のひとつです。

お問い合わせ

会社名
株式会社日本テレソフト 本社
住 所

〒102-0083
東京都千代田区麹町1-8-1半蔵門MKビル1F

電 話

03-3264-0800

FAX

03-3264-0880

pagetop

Copyright (C) 1986-2017 日本テレソフト All rights reserved.