広域行政支援地図システムを発売へ 低価格で、簡易なGIS

㈱日本テレソフトは、全国各地で進んで行われている市町村の「広域合併」や「広域行政」の作業を、効率的に支援する地図情報システムを開発いたしました。

パソコンの地図上に当該地域の人口や各種の地域データを表示して合併後の地域のイメージを表現するほか、公共機関の統廃合などの見直し作業にも役立てることが出来ます。また、住民が新しい行政地域の姿を描くこともできます。

従来の地図システムは規模が大きく、多額の費用も必要でしたが一定の機能をシステム化したことで、すでにデータ化されている各種のデータを自動的に取り込み、地図に反映できるようにするなど簡易で、汎用性の高いものになっています。さらに、防災危険箇所の表示や対策つくりなどの応用も可能です。

地図エンジンは独自に開発したもので画面処理の優れており、多くの導入実績があります。

また、インターネット型や庁内LANシステムに移行する際にも基本機能を生かすことが出来るほか、オプションで航空写真、3Dの立体地図などを組み込み、より視覚的なGISシステムとすることが出来ます。

1セット25万円は、この種の地図システムとしては画期的な低価格となっています。㈱日本テレソフトでは、インターネット型GISも含め、年間1億円の売上を見込んでいます。

お問い合わせ

会社名
株式会社日本テレソフト 本社
住 所

〒102-0083
東京都千代田区麹町1-8-1半蔵門MKビル1F

電 話

03-3264-0800

FAX

03-3264-0880

pagetop

Copyright (C) 1986-2017 日本テレソフト All rights reserved.