MBDE,ハートコミュニケーション21




Q. 22行に設定しても、1頁に印刷が納まらない。
A. 行間の設定を「小」にしてください。


Q. 印刷すると、下の方が空いてしまう
A. 18行の設定で、行間を「小」にして設定すると、下の方に空白ができてしまいます。行間を「大」に設定してください。


Q. mbdファイルを他の点訳ソフトで開くことはできるか?
A. 他の点訳ソフトで開くことはできませんが、mbdファイルを他の形式(bes、bse等)で保存した場合は可能です。


Q. タックシールに印刷する時の設定
A. まず、「ツール」→「ページ設定」で、32列22行に設定してください。 次に「ツール」→「シールレイアウト設定」で下記のように設定し、「表示」→「シールレイアウト」を選択してください。用紙の向きは、余白の狭い方から用紙を入れます。



Q. テキストファイルをMBDEで開くと、文字化けする
A. MBDEは、文字コードが“Shift_JIS”のファイルにのみ対応していますので、「名前を付けて保存」で、文字コードを“ANSI”にして保存し直して頂くと、MBDEの方で開くことができます。
※環境依存文字が含まれているファイルを、そのまま“ANSI”にして保存し直すと、文字化けしてしまいますので、ご注意ください。



Q. ハートコミュニケーション21で、“点訳処理(G)”を選択することができない
A. 「ツール」→「オプション」→「点訳プログラム」の中を開き、“いぶきてんfor MBDEにチェック”を入れ、“参照”を押し、C:/program file/Nippon Telesoft/HertComm21/dicを指定してください。
※エクストラの点訳機能をご使用のお客様は、「点訳プログラム」の中の“EXTRA for Windows”を選択しEXTRAのインストールフォルダ内にある’exwconv.exe’を指定してください。



Q. 両面印刷をしても印刷が始まらない
A. 両面印刷の場合 [印刷(P)]ボタンを押すと、下記の画面が表示されます。

[はい(Y)]を選択すると、表面の印刷が始まります。
裏面のみ印刷する場合は、[いいえ(N)]を選択してください。

※この画面は最前面に表示されない場合があります。
[印刷(P)]ボタンを押してもこの画面が現れない場合は、マウスやタスクバー或いは[Alt+Tab]キーを使い、前面に表示させた後、必要な選択を行ってください。



点字編集システム




点字編集システム5&6の設定(墨字印刷はできません)

○USBケーブルを使用している場合(プリンタドライバ使用)
※変換ケーブルを使用している方はこちらの設定でお願いします。

点字プリンター:使用している機種を選択してください
DOG-Pro32W、BPWの時は「自動両面」それ以外は「手動両面」

プリンタドライバ:Generic/Text Only
点字用紙、マス数、ページの行数は図と同じ設定

○RS232Cを使用している場合
※点字編集システムはパラレルケーブルからの出力はできません。
※点字編集システム4以前のバージョンは、RS232Cケーブルのみご使用頂けます。
(旧)点字プリンター設定をおこなうにチェックを入れ、「設定」を選択してください。

点字プリンター:機種を選択します。
※プリンター本体上面の印字設定スイッチと同じ設定にしてください。
例) 片面印刷(22行)→図の「点字プリンター」を「(機種名)片面」に設定し、点字プリンター本体印字設定スイッチの22のみ押してください。(他は上がっている状態)
両面印刷→図の「点字プリンター」を「(機種)両面」に設定し、点字プリンター本体印字設定スイッチの「両面と8点」のみ押してください。(他は上がっている状態)

BPWをご使用の方は、このページを参考に印刷する文書の行数に設定してください。



Q. 点字編集システムで奇数ページあるものを複数部両面印刷すると、1部目の最後のページの裏面に次の1ページ目が印刷されてしまう
A. 点字編集システムではそのような仕様となっていますので、空白ページを最後に設けて印刷をしてください。



Q. 点字編集システムで両面印刷すると、裏面のページ番号が印字されない
A. 通常点字は両面印刷時、裏面偶数ページのページ番号は印字しないので、点字編集システムでは印字されないようになっています。



その他ソフトウェア




Q. エーデルTSが使用可能なプリンター
A. DOG-Basic 32(V2含む)、DOG-Multi super(V2含む)、DOG-Pro 32W、Braille PERSONALに対応しております。
※点の大きさ設定・墨字の印刷はできません。
※両面印刷はできません。


消耗品




Q. 墨字用インクカートリッジ(DOG-Multi用)はどのくらい使用できるか
A. インクリボンタイプ1つで2000~3000枚程印字できます。
※通常のフォントサイズで印刷した場合


Q. 墨字用インクカートリッジ(DOG-Multi super用)はどのくらい使用できるか
A. インクジェットタイプ1つで2000~3000枚程印字できます。
※通常のフォントサイズで印刷した場合


Q. 墨字部分が薄い
A. インクを交換してください。それでも薄い場合は、濃淡調整する必要があります。


Q. 墨字部分の濃淡調整方法
A.
① 点字プリンターのカバーを外します。
② 固定ねじを緩めます。
③ 駆動ギアカバーを上下に調整します。上にあげればヘッドが用紙側に近づき濃くなります。
※濃くなる分、用紙全体が汚れやすくなり、インプットマイラーにも接触しやすくなるため、トラブルを引き起こすことがあります。ご注意ください。



お問い合わせ

会社名
株式会社日本テレソフト 本社
住 所

〒102-0083
東京都千代田区麹町1-8-1半蔵門MKビル1F

電 話

03-3264-0800

FAX

03-3264-0880

メール

pagetop

Copyright (C) 1986-2017 日本テレソフト All rights reserved.