TP-32の対処法




Q. Windows OSの64bitに対応しているか
A. PC側にシリアル、セントロのインタフェースがあれば出力できます。また、変換ケーブルを使用した場合や、プリントサーバーを使用したネットワーク経由での印刷でしたら、64bitでも問題なく出力可能です。

Q. 対応している点訳ソフトは?
A. MBDE、ハートコミュニケーション21、点字編集システム5・6・7(墨字なし)、ブレイルスターのバージョン2以上に対応しています。

Q. プリントサーバーを使用した場合の設定
A. プリントサーバーの取り扱い説明書をご覧ください。USBドライバとプリンタドライバのインストールは必要ありません。
※プリントサーバーを使用する場合、パラレルのインタフェースをご使用ください。

Q. テスト印字の方法
A. プリンターはデータ入力コネクトを接続しなくてもプリンター単体でテスト印字が行えます。テスト印字パターンは4パターンです。
【手順】
[1] 用紙をセットします。
[2] 頭だしスイッチを押したまま、電源スイッチを入れます。
表:テストパターン1 → くの字パターン
裏:テストパターン2 → 両面テスト用パターン

[3] スイッチパネルのテストスイッチをONにしていると以下のテスト印字が可能です。
表:テストパターン3 → くの字2列のパターン
裏:テストパターン4 → 両面テスト用の行間広いパターン

[4] テスト印字用アラームが鳴り、自動で頭出しを行いテスト印字が開始されます。

点抜けや余分な点がないか、よくチェックしてください。

Q. 点字ラベル作成のデータレイアウト
A. 点字は、1行(ページ行空白)あけて15マスまで入力でき、2マスあけてまた15マス入力できます。 それを4行まで入力したら1行あけて再度同じように入力し20行まで入力します。

※点字作成する行数設定は、22行で設定して下さい。
この用紙は点字ラベル専用の用紙です。



※この用紙についてのお問い合わせ、ご注文は「消耗品について」をご覧ください

Q. エクストラでの出力時のTIME OUTの対応
A. 以下の操作を行ってみて下さい。TIME OUTが改善されるかもしれません。
1. [スタート]→[設定]→[プリンタ]を選択


2. EXTRA Braille Printer Droverを選択


3. [ファイル]→[プロパティ]を選択


4. 詳細の項目を選択



Q. 点字プリンターのネットワーク接続方法
A. 【方法1】
◆PCと点字プリンターをプリンタの追加ウィザードからローカル(直接接続)で接続し、プリンタドライバーのインストール(プリンタの追加)を行う。 途中「プリンタ共有」の画面が表示されるので、共有名のところをチェックする。 (下図参照)


◆共有設定せずに追加した場合は、追加後に、そのプリンタのプロパティの「共有する」を有効にする。


◆他のクライアントとなるPCは、点字プリンターを「ネットワークプリンタまたは、 ほかのコンピュータに接続されているプリンタ」を選択してプリンタドライバーを追加する。



【方法2】
◆市販のプリンタサーバから出力する方法です。まず、市販のプリンタサーバをセットアップして、それにあわせ各クライアントPC側で設定を行う。



【プリンタドライバー】
Windows側でもっているGenericを使用しますが、
Windows2000,XP環境にしか無いので、 ネットワーク出力を行う場合は、
Windows2000、WindowsXPで構築してください。

Q. Win-BES99・点字編集システムからの点字印刷方法
A.
1.ケーブルの確認 RS-232Cのクロス(リバース)ケーブルを必ず使用して下さい。



2.Win-BES99の環境設定 Win-BESの設定(S)の中にある周辺機器設定(D)を選択し以下の様に設定して下さい。



※パソコンによってCOM1を別な周辺機器で使用している場合があるので
その場合COM1以外を同じ設定にして下さい。



3.次にプリンター設定(P)を選択して以下の様に設定して下さい。 Win-BESの設定(S)の中にある周辺機器設定(D)を選択し以下の様に設定して下さい。
(両面印字の場合)
※使用する点字プリンターのモデル名を選択します。
点字用紙を選択し文字数、ページの行数を入力します。B5用紙の片面最大行数は、22行です。
(TP-32の両面を選択し点字用紙がB5の場合は、18行に設定)

4.点字の印刷
◆印刷したい文書を開きファイル(F)→点字印刷(B)を選択し印刷開始ページ(初期値1)を入力します。
◆1ページ以外のページから印刷を開始したい場合は、削除・後退キーを押して数字を一旦0にした後、開始ページを入力します。
◆TABまたはクリックで、終了ページ(初期値0)、部数(同1)を順次入力します。「終了ページ0」「最終ページまで」を意味します。
◆点字プリンターの準備ができていることを確認後、「点字印刷」を押します。点字印刷が開始されます。


【両面印刷について】
◆「設定」→「プリンター設定」画面で点字プリンターとして「両面」と表示のあるものを指定すると、両面点字印刷を行うことができます。
◆文書の全ページを通して両面印刷する場合は、目次の1ページ目、本文の書き出しなど、点字用紙の表面に印刷したい内容は、 文書の奇数ページになるよう空白ページを作るなどの調整を行っておく必要があります。
◆New721、TP-32による両面印刷も前記の手順で「点字印刷」まで進みますが、印刷開始前に打ち出す面を指定する画面が表示されます。
「表面」「裏面」は各々次のような印刷を行います。

【表面】
表面(指定範囲内の奇数ページ)→裏面(同、偶数ページ)の順に印刷。
(10ページ~20ページを指定した場合、11、13、15、17、19ページの印刷→10、12、14、16、18、20ページの印刷)

【裏面】
◆指定範囲(ページ指定は表の奇数ページで指定します)内の偶数ページのみを裏面の位置に印刷字されます。
◆表面の印刷が終了したら、用紙を切り取り、裏返しに点字プリンターにセットします。
◆用紙を切り取る際、裏面の最終ページが奇数/偶数番目ページかにより、空白ページを1枚余分に付けておく必要がある場合があります。
◆最終ページの印刷ができなくなることがないよう注意して下さい。


Q. 紙詰まり時の取り除き方
A. 【手順】
1.まず電源を切って下さい。
2.もう一度、電源を入れて下さい。
3.3秒程度待ったのち電源を切って下さい。
4.つまった紙を静かに引き出して下さい。
5.紙の切れ端がプリンター内に残った場合は、先の尖ったものもしくは、先で引っかけて取り出せそうなものを使って、紙挿入口あるいは出口から紙を取り出して下さい。
6.見えない場所に残った場合は、紙挿入口から、点字用紙あるいは、厚めの用紙を差し込んで送り出して下さい。
7.中に入って取り出せない場合は、プリンターの外側をはずし取り除いて下さい。

点字プリンター カバーの取り外し方
【手順】

◆このセンサー部分に紙の切れ端が残っていたら取り外します。
(ピンセットのようなものでそっと取り除く) センサーに紙が残っている状態で紙の頭出しを行うと正常な動作をしなくなります。
◆また、センサーが下がったままになってる場合がありますのでセンサーを上げてみて指で触り上下に動く事を確認下さい。

以上が紙の取り出し方ですが作業を行うにあたっては、十分にご注意下さい。

Q. 点の高さ調整方法
A. 【手順】
1.カバーを外します
両サイド(6ヶ所)のネジを外し、紙押えレバーと紙送りハンドルも外してカバーを取ります。
【カバーの外し方】
1・中心のネジを外し引き抜く。
2・左側にひねって取り外す。
3・左右3ヶ所ずつのネジを外す。

2.高さ調整のシャフトを動かす。
点を高くして逆に波打ちがひどくなった場合点を低くすると波打ちが修まります。点を低くしても穴があく場合は、印字のタイミング調整が必要なので申し訳ございませんがメンテナンスサポートセンター宛に送って下さい。


【拡大図】

Q. 点字の行がズレてしまう・両面印刷時 表裏の点字がかぶってしまう
A. 多くは点字プリンターのローラーが摩耗していることが原因ですので、交換することをお勧めしますが、それ以外に、行間の設定が正しくない場合や、用紙の置き方などの原因が考えられます。
1度、ご連絡いただき、ズレ方の詳しい症状を教えて下さい。
ローラーの交換の場合は、お客様の方で交換することは難しいので、下記ページの手順に従って、熊本支社の方へお送りください。

点字プリンターの修理はこちら

Q. トラクターが逆回転する(用紙が排出される)
A. 紙が詰まっている可能性があります。本体カバーを外して取り除いてください。
3つのセンサー付近もよくご確認ください。

お問い合わせ

会社名
株式会社日本テレソフト 本社
住 所

〒102-0083
東京都千代田区麹町1-8-1半蔵門MKビル1F

電 話

03-3264-0800

FAX

03-3264-0880

メール

pagetop

Copyright (C) 1986-2017 日本テレソフト All rights reserved.